トップ > 製品紹介 > ローマン > ローマン社と粘着テープ

ローマングループはヨーロッパを中心に展開している粘着テープメーカーで、 イタリア、フランス、スペイン、オーストリア、英国、米国に子会社を持ち、50ヶ国以上に販売代理店を設けています。高い能力の生産工場を持つことでヨー ロッパ市場においてローマングループは高いシェア率を誇り、個々のユーザーの問題に対しても、ソリューションを提示しています。

刷版、印刷機、インキ、アニロックスロール、粘着テープは印刷の品質を左右する重要な要素です。これら全ての要素において、ここ30年にわたり、重要な技術 革新が起こり続けています。その結果、品質面において、フレキソ印刷はその他の印刷技術と変わらないものとなりました。それは今日の、高い品質の印刷物が市場に出ている事実を見れば分かります。

ローマン社の印刷用両面テープはフレキソ印刷工程において重要な役割を担っています。ただ刷版を固定するだけでなく、印圧を吸収することにより、画像の再現性を高めるのです。

フレキソ印刷では連続諧調とグラデーションの再現が重要です。このためには、印圧を補正してくれるテープ特性が必要となります。

ローマン社は長年にわたって、テープの圧縮性による印刷再現への影響を細かくリサーチしました。そのリサーチ結果により、現在の印刷環境において必要条件を常に満たすことができる理想のテープ構造を得ることができたと自負しています。

デュプロフレックス(Duploflex)テー プは、単に刷版を貼込むだけでなく、バランスのよい圧縮性と弾力性を長時間提供します。 これにより、ハーフトーンドットのドットゲインを減少させることができます。 また、圧縮性が高いためシリンダー回転時に生じる機械ブレを吸収することもできます。 これにより、刷版の寿命と印刷速度に良好な結果をもたらします。

デュプロフレックス(DuploFLEX)は、さまざまな圧縮性を持つフォーム基材の粘着テープにつけられた製品ラインの名称です。

特徴

  • 線と網点の構成を忠実に再現できる。
  • 入力原稿に忠実に、同一の色調の再現、網点のグラデーションの再現が可能。
  • 通常は管理が難しいドットゲインを大きく減らすことが可能。
  • 機械の振動による原反表面でのズレを減少できる。
  • 刷版の寿命が長くなる。
カタログはこちら
ページトップ