トップ > プレスリリース > 「プラチナムXLT 」アニロックスロール 生産開始

2005年10月01日

ハーパー社「プラチナムXLT 」アニロックスロール 生産開始
2000LPIが可能

株式会社クロスリンク・パシフィック(本社:東京都新宿区、℡03-5919-2120)は、アニロックスロール メーカー大手ハーパー社(本社米国ノースカロライナ州)製造による「プラチナム」アニロックスロールに加 え、2000LPIの彫刻が可能な「プラチナムXLT」アニロックスロールの国内販売を開始した。 従来の工法では、現実的に1200LPIが最も細かいセル彫刻であったが、「XLT」では現実的範囲として 2000LPIもしくはそれ以上の線数が彫刻可能である。

ハーパー社では、近年の印刷画像の高精細化傾向を受けて、175LPIから200LPIの刷版でもハイライト 部分にディッピングが生じない、2000LPI以上の彫刻が可能な工法を開発した。例えば、175LPIの刷版上 では1%ドットの直径はおよそ17ミクロンであるのに対し、1200LPIのアニロックスロールでもセル口径は19 ミクロンとなるため、ディッピングが生じてしまう。「プラチナムXLT」による1800LPIアニロックスであればセ ル口径が14ミクロン、2000LPIアニロックスであれば11ミクロンが可能で、ドットディッピングの問題が解消 される。 線数/ボリュームの仕様と範囲は次の通りである:

1200LPI/1.0-2.0BCM、1400LPI/0.9-1.9BCM、1600LPI/0.8-1.5BCM、1800LPI/0.7-1.2BCM、
2000LPI/0.6-0.9BCM。

「プラチナムXLT」は「プラチナム」アニロックスロールの特長を継承しており、彫刻後にコーティングを施 さない極めて滑らかなセル表面による(1)優れたインキリリース、(2)効率的な洗浄、(3)ドクターブレー ド磨耗の減少、などが利点である。

クロスリンク・パシフィック社ではアニロックスロールの他にも、アニロックススリーブやアニロックス洗浄 溶液、専用ブラシなどハーパー社製造の製品を販売している。 なお、アジア向けの「プラチナムXLT」アニロックスロールは、これまで同様ハーパー・アジアパシフィック 社(タイ)が製造する。

詳細に関しては、株式会社クロスリンク・パシフィック営業部(03-5919-2120)までお問い合わせ下さい。